【アルビレックス新潟】J2第8節 VSファジアーノ岡山 【完敗】

アルビレックス新潟2018

 

ハリルショックでサッカー界にマイナスの空気が漂っている最中ですが、今回は岡山戦を振り返ります。なぜにあんなにも上手くいかなかったのか、その辺を自分なりに考えてみたのでまとめてみたいと思います。

岡山は3-4-2-1。今シーズンは開幕戦から好調をキープし、7戦5勝1分1敗。特筆しているのは失点2という守備。実際この試合の岡山の守備はかなりオーガナイズされていました。

新潟は同じく3-4-2-1。いわゆるミラーシステムというやつですが、試合が始まるとシステムの練度みたいなものが段違いでもうミラーとは言えるものではありませんでした。

 

試合経過は他の方のブログ等で見ていただいて、今回は自分が気になった点をいくつかピックアップしていきたいと思います。

 

3バックシステムの狙い

 

気になる点をピックアップする前に3バックに到るまでの背景を簡単に。

岡山戦はおそらくマサくんの想定以上に基本コンセプトすら遂行できなくなってしまいました。

 

前から積極的にプレスを掛けること、そしてチーム全体がインサイドにポジショニング(横のコンパクト)することでボールをサイドに誘導(規制)し、数的同数でボールを奪い取ることがこのチームの理想とするボールの奪い方でした。

4-4-2時にはいわゆるミドルエリア(中盤のエリア)でボールが奪えなくても中央はボランチと逆サイドのサイドハーフが中央に絞ることで中央を締め、コンパクトネスを維持することにより最後のところで踏ん張っていて守備では一定の手応えを得ていたのが開幕から徳島戦までです。

しかし攻撃時での手応えがなかった。実際ここまで自分たちがボールを保持しながら相手を崩してフリーの状況でシュートを打たせたようなシーンもなければ何度もカウンターで相手の背後をとったとかいうこともありませんでした。その中で上手くいっていた守備を維持したまま攻撃時の距離感をよくして点を奪うためのシステム変更です。前に人数を増やすことで攻撃時の選択肢を増やす狙いでしょうか。

結果はご存知の通りここ2試合うまくいっていません。それどころかよかった守備の出来も悪くなっている。

 

ファーストプレスの質

 

アルビが上手くいく時は前からのプレスがハマる時です。良い時は前の積極的なプレスにより相手のパスコースを規制していきます。今回新潟は1トップの河田と2シャドーの加藤大と矢野貴章。

積極的にプレスを掛けていきたいところですがなかなか距離を詰められず、前に3枚動員している意味がなくなっていました。これもあとで言及しますが前に3枚掛けて後ろは5バックの状態が多かったので中盤が2枚になり、簡単に中盤で前を向かせていていました。

ではなぜプレスが上手くいかないかというと、2点あると思います。プレスを掛けるタイミングがチーム全体で共有されていないことと、単純にプレスに走り出すタイミングがワンテンポ遅く、距離を詰められないことです。

まずはプレスを掛けるタイミング。良くいうプレスのスイッチってやつです。

アルビはそこがいまいち良く分からなかった。各々がバラバラに判断しているように思えました。

岡山はその辺明確にしてます。原、ジュフンの3バックのサイドのCBの選手がボールを受けた時です。そこを狙ってチーム全体で圧力を掛けてきます。

新潟にはこういったハッキリとした約束事があるように思えなかった。マサくん的には状況見ながら判断してってことでしょうか。ただそこはスカウティング等で1度ハッキリさせるべきじゃないかなぁと思いますね個人的には。

相手がそこに対処したら状況で判断させれば良くって、スタートの判断の基準を明確に決めることで少しは楽になるんじゃないかなと思うんですが。

 

もう一つは前線のプレスの距離の詰め方です。最初にプレスを掛けるのはトップの河田です。河田のプレスははっきり言えば上手くはありません。これは交代で入った小川と比べると顕著です。

簡単に言ってしまえば小川のプレスは予測しボールが動く前に動き出すアクション。河田はボールが動いてから動くリアクションと言った感じでしょうか。

そこのプレスの技術論は詳しい方が解説してくれることを期待したいです。教えてください。

 

本当に先生のようなズミさんのプレー。投入直後からチームが動き始めました。

中盤での数的不利

 

この試合、相手の両WBが高い位置に張っていたこともありDFラインが5枚になる状況が多かったです。

そして相手のCBがボールを持っている状況ではこちらの前線3枚は横一列のようになり降りることはないので中盤は2枚になってしまいます。

 


岡山はCB3枚にアンカーのような位置に上田その一列前に武田がポジショニングするような形です。中盤が縦関係になっていることに加え相手のシャドーが高い位置からその脇に降りてくるのでフリーな状態でボールを受けることができます。

 

 

プレスが上手くかからない上に中盤も数的不利。そしてDFラインも高くなく、間延びしていることで中盤2枚の脇には広大なスペースが生まれています。

 

さらにまずかったのはこういった場面でも磯村は自分の持ち場を離れることが何度かあり、中盤が1枚になっている状況もありました。

アルビの守備の肝は冒頭でも述べている通り、中央を締めることです。しかしそれが構造的にできなくなっていました。簡単に相手に中央で前を向かせる状況が作られてしまっていたわけです。

 

          次ページ    失われたコンパクトネス   

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました