【アルビレックス新潟】J2第1節 VSカマタマーレ讃岐 【開幕】

アルビレックス新潟2018

ついにJ2の厳しい戦いが始まりました。今シーズンもみなさまよろしくお願い致します。初戦の相手はカマタマーレ讃岐。あまり情報がないので、ある程度引いてくるのかなと勝手に思っていたのですが全くそんなことはなく、思った以上に前からプレスを仕掛けてきました。

スタメン

 

基本は練習試合の1本目から出ていたとされるメンバーで構成されている。変わっているのはGKと右SB。ムラーリャが想定以上にフィットがはやくファーストチョイスの座を奪いスタメンに名を連ねた。そして左に堀米、右に安田と思われていたところ、この日は川口が右に。サイドの突破力を買われてか。

対する讃岐は4-2-3-1。正直知らない選手が多く、原一樹や我那覇など、絶妙な塩梅の久しぶりに見たぞ感がある選手が何人かいるっていう印象。

 

 

前半

 

◾完成度の高い整理されたプレス

開始すぐにバーを叩く強烈なミドルシュートを浴びましたが、全体的に守備の完成度は高いと感じさせる前半だったと思います。アルビは陣形をコンパクトにしながら常に相手のディフェンスラインにプレスをかけ、グループで奪いにいく事ができていました。

中央を絞りサイドに誘導しながらコンパクトな陣形でボールサイドに寄り、密度を高める事で相手に簡単にビルドアップをさせません。

単純なロングボールを蹴れば、空中戦はJ2屈指の強さを誇るソンジュフンが跳ね返しますし、我那覇や木嶋の全然2人への楔の縦パスもCB二枚は素早く反応し潰します。

陣形をコンパクトにすることで選手同士の距離感が良く、局地的に数的同数を作り、ボールの出しどころを制限しながらグループでボールを奪う事が可能になります。例えばこのシーンです。

 

 

前半7分頃。GKのスローイングから左SBのアレックスがボールを受けたシーンです。2トップの一角である小川とダブルボランチはボールサイドに寄っています。

この場面でアレックスからボールが渡る可能性の高いボールのレシーバーには常に2人の関係でボールが奪えるようになっています。この場面、最終的には斜めに走った岡村にアレックスがパスを出しますが坂井が詰めて奪い取ります。

この場面、すぐ後ろには川口もポジショニングしていますし、DFラインが高いライン設定になっていて、このように縦も横もコンパクトになることで監督の言う「グループでボールを奪う」ということが可能になるわけです。

 

 

▪讃岐の狙い

そんなアルビの守備に対して讃岐は中央も潰されサイドに追いやられるならサイドバックの裏に蹴っちゃえってことではやいタイミングでサイドのスペースに蹴ります。

例えば、先のどのシーンでは前述した通り川口が高い位置にポジショニングしています。

ボールサイドのSBは高い位置にポジショニングし積極的にボールを奪いにいきます。そのためその裏に蹴り出しうまくキープできればCBとの1vs1の場面ができるわけです。

 

陣形をコンパクトにし、高い位置からプレスを仕掛けて行くことでボールを奪いたいアルビなのですが、讃岐は速い段階でロングボールを使用することでプレスを躱そうとします。

とりわけ多かったロングボールの出しどころはこちらの右サイドバックの裏です。アルビのプレス時はサイドバックも高い位置にポジショニングする事が多いので、その裏にロングボールを通す事ができればこちらのCBとの1VS1の場面が作れます。

ですがそこからサイドからクロスに対しては中央でしっかり跳ね返し、DFラインがボールサイドにスライドでそのスペースを埋めることで決定的なシュートを打たれるには至りませんでした。

ただ、このようなロングボールを多用されたことでなかなか自分たちのリズムで奪う事ができず、奪えても冒頭に述べた通り相手のプレスもアルビと似たようなコンパクトで厳しいプレスで、芝の状態も悪かったので思ったように攻撃を行う事ができていませんでした。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました