チーム力の差と結果の差〜J2第34節アルビレックス新潟VS水戸ホーリーホック〜

アルビレックス新潟2019

4-4-2といえば水戸。そう言っても過言ではないほど評価をあげている水戸ホーリホックをホームに迎えた新潟。ずば抜けた組織力で昇格を射程距離圏内に収めている水戸に対してどのようにゴールをこじ開けるのかが見所となっていた。

スタメン

水戸の組織的な守備

水戸の4-4-2は縦横コンパクトで選手の守備意識が高く、3失点したものの、完成度の高い守備が垣間見れた。

水戸の2トップがボールを持つ新潟の2CBにプレスをしかけ新潟のSBにボールが渡れば水戸のSHが前に押し出てアプローチ。前線に合わせて中盤のラインも押し上がるためコンパクトで圧力のあるプレスが可能になっていた。

それに対し主に新潟がボールを前進させる方法は2つ。ピッチを大きく使ってコンパクトなブロックの外側を使い左右に揺さぶり前進する方法。2つ目はDFラインでまわしながら相手の前線と中盤を引きつけてロングボールを供給しDFラインと前線の質の差で勝負するという方法。

水戸のプレスにより精度は欠いたがセカンドボールを拾ってボールを前進させることに成功していた。

水戸の完成度の高い組織を前に、前半30分頃までは上記の2つの方法で前進できていたが、水戸の切り替えのはやい守備に苦しみうまく新潟の時間を作ることができずそれ以降は水戸にゲームを支配されることとなる。

『2トップ脇』を起点とした水戸の攻撃

前述の守備に加え水戸の攻撃も組織的に整備され、新潟が長い時間守備の時間に費やされてしまった。

まずは配置をみていきたい。

水戸はSBが高い位置に移動し、2CBと2ボランチでビルドアップを開始する。

これに対して水戸のように高い位置からプレスをかけず、撤退守備を基本としている新潟なので水戸のように中盤は低い位置に構える。そのため水戸は新潟の2トップに対し4枚でボールをまわせるため、安定したビルドアップが可能になる。

こうなると前線2枚の守備はプレスを仕掛けても空砲になってしまう可能性が高くなる。

水戸は2+2のボックス型からボランチの一角が降りて3バック+アンカーの形になることが多かった。ここである程度ボールをまわしてボールを落ち着かせれば新潟は撤退守備に切り替わり、水戸も陣形が整うのでここからボールを前進させる作業が始まる。

水戸がボールを前進させる上で新潟としては非常に対応に困っていたスペースがあった。

それが「2トップの脇」である。

レオナルドとシルビーニョはそこに移動するのに距離があり時間がかかる上に中盤がそのスペースをケアすればどこかに穴が空いてしまう。これは新潟に限らず4-4-2を敷くチームが直面する課題であり、泣き所だ。

新潟は撤退守備で低い位置にブロックを敷くためこのスペースが広大に広がっている。

例えば、前半8分のシーンはこのスペースを起点に崩された。

サイドハーフが中に絞ることでボランチの注意を引きボランチ間を広げたところに楔を入れチャンスに持ち込んだ。

この場面も2トップ脇でボールを持たれることでプレスが緩み、余裕を持ってボールを扱えたことから始まっている。

中でも厄介だったのは左SHの木村がボランチとポジションチェンジして2トップ脇のスペースでボールを持たれたことであった。

木村が中盤から降りるのでSHがつけば高い位置に移動したSBが空き、ボランチが中央が空く。SBがでればハーフスペースに位置する黒川や前線に上がったボランチが空いたスペースを付くきっかけになる。

降りた木村がボールを配給し再びファイナルサードに入ることで木村のマークがぼやける。それを利用してサイドを崩すシーンが頻繁に観測できた。

では新潟もそこでボールを持てばよかったじゃないとなるが、水戸は陣形が縦横コンパクトかつ守備意識が高いので、2トップ脇に誰かがうごいてスペースが空いてしまっても練度の高い陣形のスライドで埋めることができる。

ここは今シーズンは無理でも来シーズンになにかしらの手立てが必要であると考える。

今後の試合でもこの『2トップ脇』のスペースに注目して試合を観てみると気づくことがあるかもしれない。

最後に

そんなわけで長い時間水戸にゲームをコントロールされていた新潟であったが1点目の脈略のないシルビーニョのゴラッソがきき、最後の最後でゴールラインを割らせなかったことで、オープンになった後半の終盤で2点を加えることができた。

スコアは3-0であるが水戸のチームとしての完成度は高く、新潟の今後について考えさせられる相手であった。

水戸は攻撃でも守備でも規律があり、攻守がつながっている。攻撃時の配置が決まっているからそこから守備を計算できる。

ボールを奪われたエリアには人が数人いる計算なのであれだけ切り替え早く守備ができるのではないか。

そして新潟との違いは新潟はボールが出た先でボールホルダーにアプローチに行くが、水戸はボールが出るであろう選択肢にアプローチにでる。(撤退守備を選んでいる影響もあるが)しっかり奪いどころがチームで共有されているのであろう。

今シーズンは撤退守備を基本としているが、来季の新潟はこういったボールを規制して仕掛ける守備の回数が増えてくるとチームのレベルとして一段上にいくのだろうなと感じた。

水戸は今後も注目したいチームであるが、タイトル通りチームの完成度の差とスコアの差は比例しないということも改めて感じたゲームだった。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました