土壇場で現れたラストピース 〜J2第38節 アルビレックス新潟VS〜京都サンガF.C.

未分類

前節は福岡に破れ連勝が止まってしまいプレーオフが遠のいてしまった新潟。もう後がないというタイミングで今シーズンJ2で素晴らしいサッカーをみせている京都をホームに迎えた。前節の負けを引きづらず改めて連勝し、負けなしでシーズンを終えたい新潟にとって負けられない戦いとなる。

スタメン

キックオフから観察できる京都の攻撃の狙い

京都のキックオフからどのように新潟のゴールを脅かしていくのかという狙いがみえた。京都の攻撃の狙いは、フォワードに入った仙頭がこちらのディフェンスラインから中盤の間におちることで空くスペースをインサイドハーフのモッタや宮吉が突いていくことである。

仙頭にセンターバックがついていけば中央にスペースが空くし、着いていかなければ仙頭はフリーでボールを持ち良い状態でプレーができる。 

新潟のセンターバックがついていけば、味方のサイドバックが絞ってスペースを埋めれば良いのだが、京都はウイングが外に広がっているのでサイドバックが絞れば外が空いてしまう。

このように京都の前線はこちらのディフェンスラインにスペースを生むための配置になっており、インサイドハーフに本来フォワードである宮吉が起用されているのは、空いたスペースにインサイドハーフを走りこませて決定機に持っていくという狙いがあるからだ。

この流動的動きに対して新潟はセンターバックからボランチにマークを渡すなどでゾーン気味に守り穴を空けることなく高い集中力で難なく対応した。



京都のビルドアップと新潟の守備  

京都のビルドアップの特徴の1つはサイドバックが絞ってアンカー庄司の脇に位置するようなポジショングをすることである。このポジショニングを偽サイドバックというような言い方をするのが流行っている。

このような位置にいることで新潟のサイドハーフの守備基準を迷わせる狙いがある。ついてこなければフリーでボールが持ちやすくなるし、ついてくれば、大外にいるウイングへのパスコースを開通することがメリットである。

そんな京都に対して、新潟の対応は『中央を遮断すること』であった。新潟のサイドハーフは偽サイドバックから相手のインサイドハーフへのパスコースを遮断し、京都のウイングへのパスコースに誘導。サイドバックに詰めさせ横のパスコースを遮断し囲い込むことを基本に対応していた。

つまり、ウイングへのパスコースは開通させて通させてもいいけど中はやらせないよ?という守備にすることで新潟の選手の判断基準を明確にした。結果早川は小屋松にパスがいくことへの予想が容易いので素早くアプローチに出ることができる。

そしてインサイドハーフへのパスコースを消しながら偽サイドバックにもアプローチに出れる距離を保ち、なおかつウイングに渡った時の対応もできるような位置取りを両サイドハーフの渡邉新太と本間至恩が集中して実行し守備に多大な貢献をしてくれており、素晴らしい出来であった。

さらにアンカーの庄司にはシルビーニョかレオナルドが対応していたので、京都のビルドアップに惑わされスペースを空けてしまう、なんていうことも起きなかった。

試合後の京都、中田一三監督のコメントからも、京都の攻撃のポイントを抑え、しっかりと選手たちがタスクをこなして対応したかがわかる。

1つは新潟さんのプレッシャーの掛け方が原因としてあったと思います。こちらの次の出どころを消すような。それに対して少し躊躇して動かそうとしていたんですけど、次の味方が優位性を確保できるようなパスになっていなかったので、出すパス、出すパスにプレッシャーが掛かってしまいました

引用元Jleague.jp(https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102706/live/#coach)

京都の前線の流動性にも対応し、新潟の時間が増え、戦前の予想よりも大幅にボールを持つ機会が増えた。

新潟のボール保持の形とバランスのよくなった攻撃

新潟は序盤からボールを握る展開が続いた。今までの試合ではなかなかボールを握っても効果的な攻撃を実行できるに至らなかったがこの日は何度も京都のゴールを脅かす。

その大きな要因は、初先発の秋山の起用であると考える。

秋山の起用で以前と大きく変わったポイントは、後方からのボールの受け手を1枚増やすことが容易になったことである。

ボール保持の配置は、センターバックとアンカーのように振る舞う秋山、堀米の4人でダイヤモンドを形成するような場面が多くみられた。状況によって戸嶋がアンカーに入って秋山が左に落ちるなんてこともみられ、ポジショニングは流動的であった。無理やり数字で表すと3-1-4-2のイメージだろうか。(この辺りはもう少しこのメンバーでの試合を観てからお伝えしたい。)

これまではボランチが横並びになることが多く、前線の受け手が少なくなることで、シルビーニョが寄ったサイドでしか3人以上の関係を生み出すことが難しかった。

しかし技術が高く賢い秋山がアンカー気味のポジションに入ることで、ビルドアップの質が担保され、安心して戸嶋が一列上がり背後に飛び出したり、間で受けることが可能になることでピッチ全体の新潟の選手の配置のバランスがよくなり、ボールの循環が改善された。

ボランチが安易にDFラインに下がったり、前を向ける場面で向けずに単純なバックパスを繰り返すとボールの受け手が少なくなり、連動した攻撃を実行できなかったり、相手のプレスを誘発してしまう。

まさに新潟に足りなかったラストピースがこの土壇場で現れたような形である。

レオナルドの間合いを作り出した2点目

2点目は京都のインサイドハーフを釣り出してアンカー脇のスペースを突くことで、レオナルドのシュートの間合いを作り出した素晴らしいゴールであった。

京都のインサイドハーフの2人(宮吉、庄司)は新潟のボランチ2枚をマークの基準としていた。(庄司は後半にアンカーからインサイドハーフにポジションを変えている)

得点シーンは秋山、戸嶋の2人の動きでインサイドハーフを釣り出し京都のモッタ、アンカー周辺のスペースを広大に広げることから始まった。 

ここから秋山は戸嶋との連携で相手の中盤のラインを突破しアンカー脇に立っているレオナルドのボールを預ける。

そこからこれまたアンカー脇で余裕を持てるシルビーニョにボールが渡り、前向きでいろんな選択肢を匂わせながら貯めレオナルドにボールを戻し、絶好調のレオナルドは美しい軌道を描く柔らかなシュートでボールをゴール隅に流し込んだ。

秋山がレオナルドにボールを渡した時点でレオナルドとシルビーニョという危険な2人が、スペースもあり、判断できる時間の余裕も持てるような状況を作り出したのである。最終的にレオナルドが決めてしまえるようなスペースと時間、いわゆるレオナルドの間合いを後ろから紡いでいったゴールである。

雑感

吉永監督は試合後こう語っている。

ゲームについては、京都さんは非常に攻撃的で、ある程度、特徴もハッキリしているチームでしたので、ポイントを押さえられれば失点することはないだろうと考えていました。それよりも、われわれがしっかり攻撃することがポイントだったので、そういうシーンを多く出せたと思っています。

Jleague.jp(https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102706/live/#coach)

特徴のはっきりしているチームなら守備のポイントを押さえることができるのでチームの統制が取りやすいのだろうなぁと感じた。

この試合は少し前の東京V戦と同じような空気を感じていて、ヴェルディもはっきりした特徴を持っているのでしっかり守備で抑えられたし、中盤のスライドもいつもより集中して実行していた。この京都戦でも同じように感じていて、両SHの守備の集中力は見事であった。

また、ショートパスで繋いでくるチームということを踏まえてディフェンスラインをいつもよりも高く設定し、コンパクトな守備陣系を形成することができていたので、前線がプレスのスイッチを入れてもディフェンスラインがついていかず、中盤のスペースがぽっかり空いてしまうなんていうことも見られなかった。

今後は京都戦のようにポイントを押さえていなくても相手の状況をみてどれだけ選手間で共通意識を持てるかが重要になってくるのではないか。

次節の対戦相手、栃木はロングボールを主体に新潟のゴールを脅かすことが想定される。

新潟はそんな栃木に対し、どう対応するのか。

ラインを低く設定して、あまりプレスはかけずに待ち構えるのか。それとも京都戦のようにラインを高く設定して前からプレスをかけるのか。

チーム内で共通意識が持てずバラバラになってしまうのか。そんなところに注目して試合を観てみたいと思う。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました