新潟に現れたプレスの申し子、戸嶋祥郎の魅力とは。

アルビレックス新潟2018

ボールホルダーからボールが離れる少し前から戸嶋祥郎は迷うことなく動き出す。

味方、相手の状況を理解し、次のボールの動きを予測。
持ち前の俊敏性と反応速度を掛け合わせ、爆発的なプレッシングを可能にしているのだ。

今シーズン、アルビレックス新潟に加入した筑波大卒の大卒ルーキーである戸嶋祥郎。新潟の新たなるダイナモとして攻守に多大な影響をもたらしている彼の魅力の1つである『プレス』に迫る。

 


 

予測

まず相手がビルドアップを開始するときのSHの仕事は相手のSBまたは3バックのサイドにボールが渡った時にプレスのスイッチを入れることである。

このプレスで大事なことは、プレスに行く判断を行うための準備だ。『相手との距離』『周りの状況』(味方がボールホルダーに対してどのような角度でプレスを行っているかや背後のウイングの位置など)を考えポジショニングし、次の相手のボールの動きを予測する。この一連のプレスに行くための準備が戸嶋の良さである。

 

なぜこの準備が的確に遂行できるのかというと、しっかりと『観る』ことができているからだと考える。

観ることは判断を行う上で欠かせない情報収集手段だ。
戸嶋は常に首を振りながら周囲の状況を把握している。

 

しっかりと観ることで相手の次のプレーを予測することができるので他の選手よりも出足がはやい。なのであれだけ素早くプレスを行うことができる。


 

規制

 

最初の動画での、戸嶋のプレス時に走るコースをよく観てほしい。

 

 

彼は弧を描きながらボールホルダーにプレスを仕掛けている。
それはなぜか。GKからボールを受ける選手の立場になって考えてほしい。

まっすぐ来た場合、この選手の選択肢は2つだ。

 

戸嶋のように弧を描きながらプレスする場合、

中央にパス、またはトラップをする選択肢を消しながら距離を詰めることができる。

こうした相手の選択肢を消しながら詰める動きが戸嶋の強みだ。まさに監督のいう『規制』を遂行できる選手なのである。

プレスバック

今度は相手のカウンターチャンス時の場面である。

 

 

このようにスペースの認知が的確で危険を察知する能力が高い。加えてこの加速力でJ2屈指のウインガーである為田のチャンスを潰した。(カードは出たが。)

 

 

減速

 

こんな記事が話題になっている。

 

 

日本ではよく一発で行くな!と言われるが、欧州では宇佐美のように評価が低くなる。一発で行かず一旦止まって対処すると、ボールホルダーは自由だと考えられている為だ。しかし戸嶋は『行っている』。

戸嶋のプレスを観ると、彼は直前でスピードを緩めながら詰めていることが分かる。緩めることで相手のアクションに対応が可能な状態で距離を詰めることができる。

 

さいごに

 

ここまで戸嶋のプレスの特徴を簡単に紹介してきたが、彼の良さは守備面だけではない。攻撃でも機動力とインテリジェンスを活かし、アルビの攻撃に欠かすことのできない戦力となっている。今シーズンは1年目ながら飛躍の年になるだろう。願わくば彼と共にJ1の舞台で戦いたいものである。

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました