【Jリーグ2017第1節 アルビレックス新潟VSサンフレッチェ広島】ソリッドな守備組織と鋭いカウンター【マッチレポート】

2018 2/05
【Jリーグ2017第1節 アルビレックス新潟VSサンフレッチェ広島】ソリッドな守備組織と鋭いカウンター【マッチレポート】

サンフレッチェ広島の可変システムに対し三浦監督は1週間どのような準備を行ってきたのか。立ち上がり主導権を握ったのは新潟だった。
コンパクトに陣形を保ち鋭いプレスを仕掛けていき前半早々に素早いカウンターから山崎がシュートを放つも枠外へ。その後はボールを持たれる展開が続くが全体的に中央に絞ってサイドにボールを誘導してつぶす。2シャドーや工藤にボールが入れば守備力の高い小泉と原の2ボランチや富澤大野のCBの迎撃でボールを奪い素早く前にボールを送りというように非常に整備され徹底した守備からホニのスピードを生かしたカウンターでチャンスを作った。

後半も同じようにカウンターを狙う展開が続くが徐々にプレスの強度が弱まる。57分にコーナーキックから守田が弾いたボールを工藤が押し込み先制点を奪われるが、71分にカウンターからホニの折り返しを田中達也が決めて同点に。アルビのテンションも上がり逆転を狙う雰囲気になるものの矢野貴章が2枚目のイエローカードをもらい退場に。その後4−4−1でブロックを築いて守りきり1−1のドローという結果になった。

試合結果・選手コメント

 

 

 

感想

(再度観て更新するかもしれません)

・ロニのスピードは非常に相手からしたら厄介。トラップも上手くエラーがないのでカウンターにつながりやすい。ただドリブルが上手いわけでもなければシュートの球種も少ない様子なので研究された時どのような状態になるのか心配な面も。

・原の才能は前評判通り凄まじいものがあった。原くんを観ていると相手が出すであろうパスコースを予測し先に動き出してボールを奪いきっていることや、フィフテーフィフティーのボールを確実にマイボールにしているあたり、相当予測能力が高いのではないだろうか。後半に相手のカウンターを一人で潰して攻撃につなげたシーンは圧巻だった。(この辺り観直して記事にしたいなと思っています)

・カンペーさん(富澤)がここまで守備を安定させられると思わなかった。ボールを潰しに行った選手のカバーリング、常に冷静にポジショニングをして味方に指示を出し、安定した守備を構築することに貢献していた。また、達也のゴールにつながったロングパスも見事だった。

・三浦監督はかなり守備での約束事を落とし込んで広島対策をおこなっていた。ウイングバックに対して一人で対応させないような距離感だったりシャドーの足元は徹底して潰すなど1週間しっかりと準備したことがピッチの中によく表れていた。

関連リンク集

マッチレポート
footballlab
サッカーダイジェスト

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次