MENU

【Jリーグ2017 第3節 アルビレックス新潟VS清水エスパルス(H)】堅守VS堅守【プレビュー】

2018 2/05
【Jリーグ2017 第3節 アルビレックス新潟VS清水エスパルス(H)】堅守VS堅守【プレビュー】

戒したセットプレーから2失点を喫し、勝ち点を持ち帰ることができなかったルビレックス新潟。想定通りホニのスピードを警戒され、新潟のストロングポイントをうまく出し切れなかった試合であり、セットプレー時の対応や、前に進む推進力に欠ける事等、課題が浮き彫りになった試合であった。同点にするもののすぐにまたセットプレーで引き離されるというある意味新潟らしい試合になってしまったが、ホーム開幕戦を勝利で飾り、上昇気流に乗りたいところである。

 

 

堅守な清水

 

清水エスパルスは前節広島戦を1-0で勝利を飾っている。システムは4-4-2。新潟と同じくSHを中に締めてコンパクトなディフェンスで守備組織が整備させれている。広島のような協力なアタッカー陣に対し、安定した守備を披露していた。新潟も清水も守備が安定しているので、1点の重みがある試合になると予想される。でスペースがなく広島のシャドーはうまくボールを受けることができなかった。結果ウイングバックにボールを預けて仕掛けるが、開幕戦の新潟同様、SHもしくはDHとSBが2枚で対応する。新潟の場合、サイドを突破できても2トップが小柄な山崎とホニなので、いかに中央でボールをうまく引き出せたときに崩せるのかがターニングポイントになりそうだ。

 

 

野津田のボランチ

 

ここで気になる点は相手のボランチに野津田の起用が予想されていることである。

開幕戦は右SHに起用されていたが怪我人が多いためボランチにまわされる模様。
右SHでは中央に切り込みたがり、清水のFWもあまり動かないため、中央に人が多く集まり効果的な攻撃ができていなかった。しかしボランチで最初から中にポジショニングできるため、ミドルシュートには十分警戒しなければいけない。守備面では本職でないため、周りとの連携やプレスのタイミングなどのズレが生じる可能性が高い。なので野津田のところを起点にボールを回し、はがせると綻びが生じるのではないか。古巣相手ということでモチベーションも高く、攻撃でも守備面でも野津田は注目すべき点である。

 

 

新潟のカウンターVS清水のポゼッション

 

清水の攻撃はカウンターよりもポゼッションからの攻撃を得意としているようだ。ビルドアップ時には2CB、もしくはボランチが降りてきて新潟と同じように3バックでビルドアップを行う。SBは高い位置にポジショニングし、SHは中に寄る。中央に人を集めて楔をいれて攻撃のスイッチを入れるのが狙いのようだ。SBからのクロスはあまり使わない。ポゼッションで相手を崩すのは得意だがファイナルサードで決定機にあまり持ち込めていないので新潟はこの2試合で見せた守備をしっかりとこなすことができればそこまで崩される機会はないのではないか。理想はミドルエリアで清水のポゼッションを引っ掛けてカウンターに持ち込むことである。守備は同じようなやり方であるが攻撃はカウンターVSポゼッションという図式になり、どちらのストロングポイントが上回るか。

 

 

まとめ

 

両チームとも90分フルで堅い守備組織を維持することはできない。一瞬の隙や綻びを見逃さなかった方が勝ち点3を得ることができる試合なのではないか。前節のような開始直後と得点後に見せたような隙を絶対に見せてはいけない。

新潟はホームのアドバンテージを生かし、決定的なシーンを見逃さないようにし、勝利を飾りたい。

 

公式試合プレビュー

注目記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる