MENU

【NEWS】福田晃斗が手術後から全治までに約8カ月の長期離脱に。

2020 11/14
【NEWS】福田晃斗が手術後から全治までに約8カ月の長期離脱に。


■診断名
左ひざ前十字靭帯断裂
左ひざ外側半月板損傷

■全治
手術後8カ月の見込み
※11月中に手術を予定

https://www.albirex.co.jp/news/60021/

コメント

大半のサポーターの方が思ったとおり、長期離脱となってしまいました。期間は8ヶ月。そこから調整期間を含めれば試合の出場は9ヶ月〜10ヶ月程度でしょうか。

文字通りチームの『心臓』として、今季の加入当初からアルベルト監督のボールを愛する新潟のフットボールに欠かせない戦力となっていた福田。来シーズンもチームの中心としての活躍を期待していただけに、来季の編成に多大な影響を与えるあまりに苦しい結果です。

前評判どおり、アジリティを活かしたすばやいアプローチでボールを奪う能力や、攻守の切り替えでセカンドボールを拾うボール回収能力はJ2屈指のクオリティを見せてくれたと思います。福田の存在で新潟の攻撃回数が増えていると言っても良いくらいに。

守備の能力は評判を聞いていたのでそこまで驚きはしなかったのですが、福田が新潟に加入して驚きだったの点が、ビルドアップでの振る舞いにおける技術の高さです。

彼はボランチの相方である島田、CBのマイケルとマウロの3人とひし形のような形で自陣でのボール保持と前進に貢献しています。そこで目立つのは相手のプレスをいなす福田の技術です。体の向きや視線で相手にフェイクをかけ、ベクトルを操作し逆をつくようにボールを運びます。

この技術の高さについては聞いていなかったので驚きましたし、彼のそういったプレーを観るのが好きでした。

福田が復帰するのは来シーズン終盤頃でしょうか。今回の長期離脱は非常に残念で仕方ないですが、来シーズン怪我が完治しシーズン終盤にアルビを救うような活躍をみせてくれることを期待しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる