MENU

【2020J2第3節アルビレックス新潟vsツエーゲン金沢】 持ってないわ【マッチレビュー】

2020 7/08
【2020J2第3節アルビレックス新潟vsツエーゲン金沢】 持ってないわ【マッチレビュー】

 今季初のホームでの試合は、新潟と縁の深い柳下監督率いるツエーゲン金沢を迎えた。
『これだけ悪運に恵まれた試合はない』とアルベルト監督が語っているように新潟は『持っていない』試合となった。記憶に残るような負け方をしてしまった金沢戦。そんなショッキングな試合でも、なにが良くてどこが悪かったのかを振り返ってみようと思う。

目次

スタメン

新潟は[5-3-2]で甲府戦を戦ったが、基本の陣形である[4-4-2]に戻し、前節に途中出場で得点を挙げたシルビーニョがFWの先発に名を連ねた。そのかわりに渡邉新太はFWから右SHに位置する。

金沢は[4-4-2]。前節との違いは、左サイドに西田と下川、CBにベテラン廣井が起用されていることだ。

狙うは右サイドのスペース

金沢は前線から積極的にプレスをかけにきた。ボールを保持する場面では[3-1-4-2]に変形する新潟に対して、前半3分のように、陣形をコンパクトにし、ボールサイドはマンマーク気味に人がついてくる。(ボールと逆サイドの選手は絞る)

新潟のビルドアップ時にアンカーとして振る舞う秋山には警戒しているようで、ルカオと加藤がマークを受け渡しながら必ずマークにつく。

そんな人への意識が強い金沢に対し、キックオフから新潟が狙ったのは金沢の左SB下川の背後のスペースだ。キックオフ時、新太に食いついた金沢の左SB下川の背後のスペースにシルビーニョが走り、新井がボールを供給した。

シルビーニョが相手の左サイドバックの裏のスペースに走り込み、中央にスペースを空けて、その空けたスペースに新太が飛び込むという絵が見えた場面であった。


早々にもぎ取った1点目は、マウロから右サイドのスペースにボールが供給され、同じパターンから生まれた。

右サイドのスペースでボールを受けたシルビーニョは、鋭く低いクロスをファビオに送り、ファビオはゴールに押し込んだ。

上図の赤丸のスペースには新太が飛び込んでおり、新太を使うパターンでも決定機を作れたシーンでもあったが、あの体勢で鋭いクロスを入れることができたシルビーニョは素晴らしい。

得点シーン以降もこの右サイドのスペースをからチャンスを作っており、狙い通りのパターンがうまくいったことは、この試合の良かった点の1つだ。

不運で片付けられない2失点

しかし喜びもつかの間、この後瞬く間に金沢に2ゴールを決められてしまう。

いずれもシュートが田上に当たってコースが変わり、不運なゴールと言えるものの、新潟の問題点が浮かび上がった2失点でもある。

その問題点とは2つあると考える。

1つはバイタルエリアの守備がいずれも軽かったこと。

2つ目は、バイタルエリアでボールを持たれると、DFラインの選手が前にでれないことに加え、ボランチの選手もDFラインの穴を埋めに下がることでバイタルエリアに人がいなくなってしまうことだ。

1失点目はルカオに対して田上がついていくが、即座に自分のポジションに戻った。代わりに秋山がルカオにアプローチにでるが、動きすぎて対応が後手になってしまい、シュートを放たれた。

田上は、もう少しルカオに強く潰しに出ても良かったのではないか。ゴンサロは開幕戦からDFラインの穴を埋めるために下がってカバーに入る意識が強い。

そのカバーを信頼し、更に前に潰しにでても問題ないのではないかと考えている。また秋山の守備の対応も、ルカオの左だけを切っていれば味方と連動することでルカオを囲えたので、少し動きすぎてしまった。

2失点目も新太が簡単にかわされたことに加え、ゴンサロがCBとSBの間を埋めるために少し下がったためボールホルダーの下川への対応が遅れ、簡単に足を出してしまい軽さがでてしまった。

3点差をひっくり返すことは可能だった

2得点を挙げた金沢のはプレスの勢いが増していく。新潟のDFラインの3枚に対し、金沢の2トップ+SH1枚が数的同数でプレスをかけにくる場面も増えた印象だ。

この試合、結果的に追いつけず前半の得点は2点に収まったが、新潟はチャンスはいくらでも作れたのではなかっただろうか。前述の右サイドのスペースは試合を通して突けていたのに加え、他のスペースも致命的に空く場面があった。

例えば以下のように金沢のSHが前に出て新潟の3バックに数的同数でプレスをかける場面では中央に大きなスペースができていた。以下の図の場面ではそのスペースで秋山がうけ相手陣地に攻め込んだがうまくシュートまで持っていけなかった。

金沢は人がついてくるので、左右に揺さぶることができれば必ず穴ができてくる。

だが、またしても次の得点は金沢。CKからCB廣瀬の打点の高い見事なヘディングシュートで追加点を挙げられてしまう。

前半25分時点ではやくも2点差をつけられた新潟は給水タイムで追いつくために配置の変更を行う。右SHの新太と左SHのロメロフランクをポジションチェンジし、得点力のあり左からのカットインが狙える新太をより得点しやすいポジションに移した。

ボールを保持するが攻めあぐねる新潟。狙い通りに右サイドの空いたスペースにファビオが走り込みチャンスを作るが、シルビーニョが決定的なチャンスをはずし、雲行きが怪しくなる。

その悪い予感は当たってしまい、33分に藤田のクリアミスからルカオに追加点を奪われ1-4となった。

その直後の34分、堀米の左CKに田上が頭で合わせたボールをファビオが押し込み2-4とし、前半だけで6得点が生まれる大味な試合となってしまう。

狙っていた右サイドだけでなく違うパターンからも決定的なチャンスまで持っていければ新潟も前半のうちに点差を詰めることは可能だったかもしれないが、決定機をモノにできなかったように運も足りなかった。

前半は支配率65%という数字が示す通り、新潟がボールを保持しながら攻めあぐね、金沢が少ないチャンスを活かす展開となる。

4-1-2-3への変更

2点差を追いかけ、勝利には3点が必要な新潟は、後半、勝負に出るべく変更を加える。CB田上を下げ、本間至恩を投入。陣形も[4-1-2-3]に変更し、より攻撃的な陣形で後半に入った。

左の大外に張る役割を与えられた本間至恩は、内に走る堀米とインサイドハーフに入ったシルビーニョの2人と絡みながら左サイドで攻撃の起点を作っていた。

後半は金沢が前半よりもプレスにでれないことが多くなったこともあいまり、ボールを更に保持しやすくなった新潟であった。




前半は左サイドからチャンスを生み出すことができていなかったが、相手陣地で本間至恩がボールを持つと得意のドリブルで仕掛け何度も左サイドでチャンスを作る。

左サイドが活性化し、両サイドから『後は押し込むだけ』という決定的なシーンを2度も作るも、ゴールを挙げることができず、前半の構図であった『新潟が攻めあぐね、金沢は少ないチャンスを活かす』という構図が変わることはなかった。

首の皮が1枚つながるも・・

まずは1点をもぎ取り、嫌な流れを払拭したかった新潟が得点を奪えたのは71分。右サイドのスローインから、途中出場の高木がエリア内に侵入する素晴らしいプレーで得たPKをシルビーニョが決める。


決定的なチャンスをモノにできず、無理なミドルシュートを放つなど焦りで判断が悪くなっていたシルビーニョ。

ベンチにはシルビーニョや本間至恩のように1プレイで局面を変えるキャラクターを持つ選手がいなかったため、ここで失敗すれば更にシルビーニョは精細を欠く可能性があった。そうなると詰みと言ってもおかしくなかった状況であった。

攻撃の要であるシルビーニョがPKを決め首の皮が1枚つながり、ここから息を吹き返すことが期待された新潟であるが期待通りにはいかなかった。

CBマイケルとGK藤田の間にあるボールの処理の際に藤田がファールをしてしまいPKを与えてしまい、5点目を決められてしまう。

そのまま新潟は得点を挙げることはできずに試合終了。新潟は数多くのチャンスを作ったが、決定的なチャンスをはずし、逆に自分たちのミスがすべて失点につながってしまう『持ってない』試合であった。

雑感

・この試合の1つのトピックとして藤田のミスが上がるが、彼の精神状態が気になるところである。犯してはならないミスで試合を悪い方向に変えてしまったが、これで自信を失くし、飛び出しに躊躇してしまったりビルドアップで簡単に大きく蹴ってしまうようなこと等良いところも消えてしまうようなことがなければいいが。

次の試合からはどうなるかは分からないが、ここから立ち直って活躍する姿を観たいところである。

・今節のMVPは新井ではないか。右サイドで縦横無尽に駆け上がり、クロスを何度も上げ、前線との連携で危険なスペースにも入り込んでいき、ビルドアップでも相手をいなしながらボールを前進させていった。あの運動量で90分攻守にフル稼働できるタフさに驚く。

・後半から左ウイングに入った本間至恩。対応した選手にとって地獄ではなかっただろうか。相手と正対し、ドリブルでゴールに向かっていく姿はもう悪魔である。

・左CBに入ったゴンサロはビルドアップでボールを循環を活性化させていた。ボールを持って持ち運べ、味方に時間とスペースを与えることができる。

ある程度ボールが保持できる展開で1つオプションになるのではないか。スタートから入った田上は前節同様やりづらそうで、ビルドアップで浮いてしまっていた。空中戦での強さは随所にみせていたので、利き足サイドである右CBではどうなるのかみてみたい。

・マイケルが復帰した。相変わらず落ち着きを見せており安定感を与えてくれる。ファーストチョイスには変わらないのではやくコンディションを上げてほしい。

・かねてから観たかった島田譲が新潟デビューした。左利きで左にスムーズに展開できる島田は貴重な存在。この試合でもボランチから左のCBの位置に落ちて展開していた。守備でも予測で奪い取る等、もっと長い時間みてみたい選手であった。

さいごに

何度もいうが自分たちのミスからの自滅もあるが、『持っていない』試合だった。

次はホーム松本山雅戦、リモートマッチではなく観客が入る試合で是が非でも勝ちたいところ。
ここで負けてしまえば自分たちが進んでいる道を信じきれなくなってしまう選手がでてくるかもしれない。(それははやすぎるか・・?)


今節みられた課題が修正されているのかどうかを注目しながら、次節も感情を爆発させ、家から試合を観ようと思う。

ビッグスワンで観戦するサポーターのみなさま、楽しんで!

ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる