MENU

【2020J2第12節 アルビレックス新潟vs京都サンガFC】可能性【雑感メモ】

2020 8/23
【2020J2第12節 アルビレックス新潟vs京都サンガFC】可能性【雑感メモ】
目次

前半

・ウタカがベンチスタート等、比較的ローテーションの意味合いが強いようなラインナップになった京都、3-1-4-2が基本であったが3-4-2-1でのスタートとなった。新潟のサイドハーフがなアンカー脇を使うことを嫌がってのシステム変更なのだろうか。

・前半は京都が高い位置からプレスを仕掛けてきたこともあり、なかなかいい形で前に前進できなかった新潟(これいつも書いている気がする。)ボランチがなかなかいい形でボールをもらえなく苦しんでいた印象。15分過ぎから秋山と中島がポジションチェンジし、秋山がボランチにおちるとボール保持が落ち着いた。

・失点シーン以外は特に危ないシーンもなく、そこまで悪い印象はなかった。京都は左右のセンターバックを起点にボールを前進させたが、フィニッシュワークまではうまくいかずという流れ。相手がフルメンバーであればどうだったかは怪しいが。前半の新潟は守備に重きを置き相手を観察し、後半からギアを上げるという最近よくみるプランだったと思う。

後半

・新潟は荻原と島田を投入。新井を本来のポジションである右にうつし、荻原を左サイドに置く。
後半は京都のプレスの出足が落ち、ブロックを敷くことも多くなったのもあり新潟がスムーズにボールを保持し試合をコントロールする。

島田がボランチに入り、ビルドアップの場面ではDFラインに落ち、ボール保持の安定と、左利きの島田を左に落とすことで左サイドの展開もよりスムーズになった。

・前半から目立っていた秋山、中島、至恩のトライアングルは後半も勢いを新潟にもたらしていいた。

今節の相手で気になった選手

川崎颯太

サイズは小柄ながら高いボール奪取力を披露。その姿は柏にいったあの人を思い起こさせる。やっかいな存在であった。

その他

引き分けに終わったが、どちらがポジテ支部な意味合いでの引き分けだったかというと、ローテーションでベンチメンバーがどれだけ公式戦でやれるのかを可視化しながらも勝ち点1を拾えた京都だろう。新潟は勝ち点3を掴まなければいけなかった試合。

ただこの先の明るい未来を感じさせる試合であったのもまた事実なのでどんな顔をしていいのか分からない。そんな試合だった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる