MENU

アルビレックス新潟2020戦力分析②(LSB,CDM,CH)

2020 2/11
アルビレックス新潟2020戦力分析②(LSB,CDM,CH)

アルビレックス新潟の戦力分析第2段。今回はLSB、CDM、CHをご紹介。

前回はこちら

あわせて読みたい
アルビレックス新潟2020戦力分析①(GK,CB,RSB)
アルビレックス新潟2020戦力分析①(GK,CB,RSB)アルベルト監督のもと充実したキャンプを過ごしている様子が様々なメディアを通して伺えるアルビレックス新潟。これまで伝えられている情報で今季どんなサッカーをピッ...
目次

左サイドバック

ゴメスvs泰基 ~season3~

 

今年も堀米と渡邊泰基の一騎打ちになり、激しいポジション争いが繰り広げられる。キャプテンに就任し、昨季終盤のチームの核となったゴメスこと堀米が一歩リードか。

右サイドバック同様左のウイング(以下L W)のタイプやチームの戦い方の変更により泰基がスタメンの座を奪う可能性も充分にあり得ることだ。

例えばアルベルト監督が目指すアグレッシブな守備を考えると、DFラインが横にスライドしてスペースを埋める守り方を敷く可能性が考えられる。

右サイドバック(以下RSB)が持ち場を離れて積極的にボールホルダーにプレスをかけた時や、対面の相手に剥がされRCBがRSBのカバーにでたときを考えよう。

その場合LCBとLSBが右にスライドすることによってスペースを埋めることになり、LSBはゴール前での空中戦の機会が増えてしまう。その時にネックになるのはLSBのサイズ。

昨季はCBがなるだけゴール前から動かない(SBが空けたスペースはボランチやサイドハーフが埋めていた。→ボランチとサイドハーフの負荷が増し攻撃にも出辛くなる)ことでそれほど求められなかった部分だ。180cmで高さもある泰基なら中に絞っても弾き返すことができる。

今年もこの2人が切磋琢磨でバチバチやりあって欲しい。

3バックを考えると・・(左ウイングバック編)

前回のRSBと同様、3バック時の左ウイングバック(以下LWB)もここで触れよう。

LWBでは攻撃力のある大本や森も候補に入ってくる。より攻撃的に振る舞えるLWBであればドリブルでの打開力も要求されるのでゴメスvs泰基の構図ではなく4人が争う構図になるだろう。

森は大外をめいいっぱい使い、幅をとってドリブルで仕掛けるタイプ。運動量と守備のところで普及点のレベルに持っていければ充分ウイングバックでの起用が考えられる。ここで森が絡めれば心強い。

大本は左足も使うことができ、左から斜めに切れ込んでシュートやクロスの選択が取れるので右同様左でも活躍してくれるはずだ。

・ゴメスvs泰基の一騎打ちが基本。ウイングバック時なら大本と森が割って入る。
・SBに高さを求めるなら泰基という選択肢
・どこまでウイングバック時に森俊介が絡めるかが注目

アンカー(CDM)

  • 秋山 裕紀
  • ゴンサロ・ゴンザレス
  • 島田 譲

4-3-3システムのキーポジション

今季から4-3-3を導入しシーズンを戦う可能性が高い新潟。そんな4-3-3システムの肝は、スペインではピボーテと言われるこのアンカーのポジションだ。

守備ではバランスを取りDFラインの前のフィルター役として、攻撃ではあまり動かずにどっしりと構えボールを配給し、チームのビルドアップを支える。(DFラインに落ちて3バックのように振る舞うこともあるが)

日本ではどっしりと構えられる選手が少ない。動きすぎてしまう癖がある選手が多いのはよく言われる話。そのため日本人でアンカーをこなす選手があまり存在しないのが現状だ。

期待の秋山

そんな中新潟でアンカーを担うであろう選手の筆頭が昨年終盤に頭角を現した秋山。昨季前橋育英高から入団しシーズン終盤にはボランチの一角としてプレー。攻撃時は戸嶋祥郎が一列上がり、秋山がアンカーのポジションでボールを配給する形になっていた。

同じように今季もアンカーの位置でプレーすることが多くなると予想する。

秋山の課題は自分自身で守備と言及しているが、対人で奪うようなタイプではなく守備で無理が効く選手ではない。

そんな守備面も兼ね備えているのは新加入のゴンサロゴンザレス。まだコンディションが整っておらずキャンプでは出遅れているようだがシーズン中に必ずチャンスは訪れるだろう。

CBでもプレー経験があるゴンサロ。攻撃面でも展開力に優れどっしりと構えることのできる選手だ。

島田譲もこのポジションで考えられる。自身のストロングポイントは特にないと自分自身で語っているが精度の高い左足のキックとバランス感覚でチームを支えられる選手ではないか。

このポジションで誰かポジションを掴むのか。ここでアンカーをモノにした選手は間違いなく日本において希少価値が高く貴重な選手になるだろう。

・攻守において4-3-3システムのキーポジション
・アルベルト監督の元、アンカーをモノにした選手の市場価値は上がる
・昨季もアンカーのように振る舞いボールを配給した秋山に期待

センターハーフ(CH)

攻守で働く運動量

アンカーよりも高い位置で攻撃に絡みエリア内にも積極的に侵入しチャンスを作るポジション。もちろん攻撃→守備の切り替えで素早くプレスを仕掛けたりポジションに戻らなければいけなく攻守で運動量と機動力も求められるポジションだ。

当然後ろの選手よりもスペースの狭いエリアでボールを受けることが増えるので広い視野と判断力、テクニックが必要だ。

注目はロメロ・フランク

このポジションの注目選手はロメロ・フランク。昨季ミッドフィルダーながら9得点を記録した高い攻撃力と運動量を持っている。ウイングが外に広がって作ったスペースに、彼が飛び込んでチャンスを作るようなシーンが多くみられるのではないか。

昨季はトップ下として攻撃に違いを作っていたシルビーニョもこのポジションでの起用が考えられる。

守備と運動量の面で不安要素があるがこのポジションでも活躍できればチームにとって+になるはず。アルベルト監督が感覚的なプレーをする彼をどう起用しコントロールするのかも注目だ。

高木は昨季ボランチを経験していることもあり、頼もしい選手だ。守備もこなし、攻撃でも違いを作れ、計算できる選手。優れたキックの精度でチームに貢献してくれるだろう。

アンカーでの起用が見込まれる秋山もこのポジションでの起用の可能性があり、ゴンサロや島田も同様だ。

・攻守両面での働きが期待されるポジション運動量が必要。
・ロメロフランクの得点力に期待彼が最も活躍できるポジション。

あわせて読みたい
アルビレックス新潟2020戦力分析③(RWG,LWG,CF)
アルビレックス新潟2020戦力分析③(RWG,LWG,CF)いよいよ開幕まで1ヶ月を切り、キャンプも佳境になっている。アルベルト監督は高知SCとの練習試合後に、「攻撃のときは幅と奥行きを、できるだけ取りたい。」というコメ...
あわせて読みたい
アルビレックス新潟2020戦力分析①(GK,CB,RSB)
アルビレックス新潟2020戦力分析①(GK,CB,RSB)アルベルト監督のもと充実したキャンプを過ごしている様子が様々なメディアを通して伺えるアルビレックス新潟。これまで伝えられている情報で今季どんなサッカーをピッ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる