【Jリーグ2017第2節】アルビレックス新潟VSヴィッセル神戸(A) 確かな手応えを勝利で掴め【プレビュー】

2018 2/05
【Jリーグ2017第2節】アルビレックス新潟VSヴィッセル神戸(A) 確かな手応えを勝利で掴め【プレビュー】

第1節はアウェイで広島を相手に組織的な守備と鋭いカウンターを披露し、確かな手応えを掴んだアルビレックス新潟。その手応えを確かなものにするため、今節は勝ち点3が欲しいところ。そこに立ち塞がるのはヴォッセル神戸。アウェイ清水エスパルス戦は手堅い守備からセットプレーで先制し、開幕戦を勝利で飾った。田中順也や大森ら実力者を補強。更に開幕戦でレアンドロが全治6ヶ月の負傷で戦列を離れると、すぐさま元ドイツ代表ポドルスキの獲得を発表。今シーズンの優勝を狙う。

神戸のシステムは4−4−2。同じ4−4−2同士の対決により、工夫のある攻撃をできる方が主導権を握る。神戸の注目するべき点は右サイドの大森と高橋峻希。 大森はビルドアップ時にニウトンの脇でポジショニングし、フリーでボールを受ける。その際高橋峻希は右サイドの高い位置に張り幅を作る。高橋が中に入れば大森が外に動くので、ここは同じレーンにポジショニングをしないことが約束事になっているようだ。大森がボールを持てば田中順也は下りてボールを受け攻撃のスイッチを入れる。こうして相手の守備組織を乱しチャンスを作るので三浦監督は大森の動きに対しどう対策を行うのか見所である。

神戸の守備は新潟と同じように中央に絞って守備を行う。よって中央よりもサイドを起点として攻撃を行う機会が多くなるだろう。神戸の守備できになるところはネガティブトランジション(攻→守の切り替え時)の際大森は攻撃時は高い位置でも中に絞ってボールを受けることが多く、カウンターを受ける際、右サイドが空くので新潟はカウンター時神戸の右サイドを狙うとチャンスになる場面が多いのではないか。

 

注目選手は山崎。大森の空けたスペースをカウンター時に受けるのは山崎。ここで相手の脅威になり続けることができるかが鍵。
対して神戸の注目選手は大森。右サイドで走って豊富な運動量でチームの歯車となっていた選手が神戸ではガラッとプレースタイルを変えてきた。大森のポジショニングにどう新潟は対応するのかに注目。

 

去年の第2節の神戸戦は、前節湘南戦で生まれた自信を砕かれるような6-3と大量失点で破れた。今年も広島戦で得た手応えと自信を砕かれないよう勝ち点3を得てシーズン序盤のスタートダッシュに繋げたい。

<公式プレビュー動画>

<関連注目記事>

新潟MFガリャルド「一番分かる」神戸攻略まかせろ(by日刊スポーツ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次